講師 村上由起子(むらかみゆきこ)

3才よりピアノを始める。
 長野県小諸高校音楽科卒業を経て、武蔵野音楽大学を卒業し、同大学の大学院ピアノ専攻を修了。
ペトロフピアノコンクール第2位、ショパンの会コンクールピアノ部門第3位など、数々のコンクールにて入賞をしている。 また、読売新人演奏会、長野県新人演奏会、武蔵野音楽大学新人演奏会など、多数の演奏会に選抜され出演。2005年には、 長野県民文化会館にてジョイントリサイタルを行う。

  リスト音楽院教授のラントシュ・イシュトヴァンによるマスタークラスの受講や、武蔵野音楽大学サマースクールinTokyo にてナターリャ・トゥルーリに師事するなど、積極的に演奏技術の研鑽を積む

 これまでに、ピアノを村上直行、J・ヤンドー、A.v.アルニム、A・コンタルスキーの各氏に師事

 高等学校教諭専修免許状(音楽)
 中学校教諭専修免許状(音楽)取得

 これまでに、ソロ、伴奏などで演奏活動をする他、世田谷区、品川区を中心にヤマハ音楽教室講師としてピアノ指導にあたり 数々のコンクールで入賞者を輩出させている。
   
トップページに戻る
inserted by FC2 system
■生徒受賞実績■
ピティナ・ピアノコンペティション全国大会入選
日本クラシック音楽コンクール全国大会入賞(最高位)
ショパン国際ピアノコンクールinASIAアジア大会入賞等